私のおばさん度

こんにちは。大丈夫おばさんよ。

 

このブログをご覧いただいている皆様の

ご年齢って様々だと思うんだけど、今日は

最近私が、「おばさん」だなって思う瞬間

を披露したいと思うの。フフッ。

 

くだらないでしょ。ごめんなさいね。

 

まずは一つ目。

 

「頭でのイメージと体の動きが連動しない」

 

これね、結構ショックなのよ。

先日、公園の前を通りかかったら、子供たちが

ボールで遊んでいて、たまたま私の近くに

ボールが転がって来たのよ。

 

転がってきたボールを足で止めて、それを手に持って

戻そうって、頭の中で想定したのよね。

 

でも、足で止めようとした瞬間、あら不思議。

足がボールに届いていないし、そもそもボールの

速さに足を出すスピードがあっていないの。

 

私の頭の中のイメージでは、簡単にボールを

足で止められるはずだったのに。

 

おかしいでしょ。

 

あぁ、おばさんよね。フフッ。

 

次ね。

 

「冷房の効きすぎがつらい」

 

これは、冷え性の方なんかは年齢とか

あまり関係にかもしれないけど、暑がりな

私が冷房の設定温度に悩むなんて、若い

頃は考えられなかったの。

 

若いころは、冷房の設定温度を一番低くして、

寒いくらいにして、寝るときはお布団をかけた

りしながら温度調節をしていたの。

 

というより、寒いくらいでちょうどよかったし、

そうじゃないと冷房をつけている意味が

無いとすら思っていたわ。

 

でも、最近は丁度いい温度に設定しないと、

寝ているときに寒くて起きちゃったりするの。

 

これも、おばさんになったせいよね。フフッ。

 

3つ目かしら。これもよくあることよ。

 

「発したい言葉が出てこない」

 

これは、前にもブログに書いたかもしれない

けれど、例えばテレビに出ているタレントさんの

お名前がすぐに出てこなかったり、自分の

お話したい内容がすぐに言葉として出てこな

かったり。

 

いやね。おばさんまっしぐらよ。

 

他にもあるの。

 

「何をしたいか忘れちゃう」

 

これもね、ショックよ。

 

例えば冷たい麦茶が飲みたいと思うでしょ。

 

そこでたまたま、お友達から電話がかかって

きて、ほんの数分お話した後に、麦茶を飲もう

としていたことを忘れちゃうの。

 

すっかり、すっきり忘れちゃうの。

 

それで、あらぁ、何かしようと思っていたのに、

思いだせないわって。

 

そのあと麦茶を飲もうとしていたことを思い出す

のに必死になる自分がいるの。

 

フフッ。おばさんよ。いいでしょ。

 

サラッと思いだすだけで、これだけあるの。

 

自慢じゃないけど、まだまだ書こうと思えば

おばさんエピソード、いくらでも書けそうよ。

いやね。

 

まぁでも、そんなおばさん現象もおばさんに

なってみないとわからないから、若い子には

できない貴重な体験よ。

 

そういう事にしていいわよね。

 

フフッ。 大丈夫、大丈夫。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーリンク

0

    ページの先頭へ

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    動画

    【初登場!!】大丈夫おばさん『第1丈夫 TIR編』

    【目指せ希望の星!】大丈夫おばさん『第2丈夫 焼き芋編』

    リンク

    LINE

    新しい記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    Profile

    サイト内検索

    others