熱中症には気を付けて。

皆さんこんにちは。大丈夫おばさんよ。

 

今週は、ほんとに暑かったわよね。

 

外にずっといたら、

倒れてしまうんじゃないかしらっていうくらいにね。

 

こういう時期に、心配になってくるのが

 

「熱中症」よね。

 

急に気温が高くなって、

身体もビックリしちゃうわ。

 

それで、私も熱中症にならないためにも、

ちょっと調べてみたのよ。


「熱中症」は、

高温多湿の環境で、環境に適応しないことによって

起こる様々な症状の総称なんですって。

 

進行状況や症状によって、4つに分けられるみたいよ。


まず、

「熱失神」  

暑さによって末梢血管が拡張し、血圧が低下し

めまいや失神が起こる症状。


「熱けいれん」

大量の発汗でナトリウム量が低下し

筋肉が硬直し、痛みやけいれんを起こす症状。


「熱疲労」

大量の発汗によって、脱水状態になり、

体温が上昇し、頭痛や吐き気、虚脱感が起こる症状。


「熱射病」

熱中症の中でも最も重い症状のようよ。

症状が進行し、体温調節機能が失われて、

40度以上の高熱で発汗が止まってしまい、

意識障害が起こる症状。


熱射病まで進行すると、

肝臓や腎臓などの臓器が

影響を受ける危険が高く、

後遺症が残ってしまったり、

亡くなってしまうこともあるから、

本当に気を付けた方がいいわね。


じゃあ、どうやって予防するかというと、

 

まず、気温と湿度のチェック。

 

こまめな水分補給。

 

無理な運動は避けること。

 

吸水性や速乾性に優れている

通気性のいい素材の服装が良いわね。

 

疲労や体調不良の時は、

熱中症の発生リスクを高めるので

体調管理も重要よ。

 

暑いからといって、軽い食事だけで

済ませてしまうのは、良くないそうよ。

 

しっかり食べることなら、まかせて。

 

ビタミンB1やクエン酸、カリウムなどは

積極的に摂取した方がいいそうよ。

 

予防に良い飲み物は、

運動時なら、

良く冷やしたスポーツドリンク、

 

水1リットルに、

砂糖大さじ4 塩小さじ1/2を加えた

簡易的な経口補水液を

作っておくのも良いみたい。

 

日常生活では、

カフェインの含まれていないお茶や水を

常温で飲むといいそうよ。

カフェインには、

利尿作用があるから

水分を排出してしまうんですって。

 

これからの暑い時期に

知っておいていいかもしれないわ。

 

皆さんも、

熱中症には気を付けてくださいね。

 

フフッ。大丈夫、大丈夫。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーリンク

0

    ページの先頭へ

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    動画

    【初登場!!】大丈夫おばさん『第1丈夫 TIR編』

    【目指せ希望の星!】大丈夫おばさん『第2丈夫 焼き芋編』

    リンク

    LINE

    新しい記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    Profile

    サイト内検索

    others